『ゴジラ』上映

『ゴジラ』48日(土)〜21日(金)

 

今回ご紹介する映画は、1954年制作の『ゴジラ』。

 物語は太平洋沖で船が次々に沈没する怪事件が発生。事故の生存者が語る怪獣の目撃談を受け、古生物学者の山根博士、娘で助手の恵美子、恵美子の恋人で海難救助機関の所長尾形たち調査団が大戸島に派遣され、伝説の怪獣「呉爾羅(ゴジラ)」を目にする…。

 今作では、大怪獣ゴジラが東京に上陸して、首都を破壊し火の海と化す光景を描写した特撮技術が見どころ。また西洋のドラゴン伝説や姫物語を雛形として構成です。当時の時代背景も色濃く、ビキニ環礁での核実験と「第五福竜丸の被曝事件」という社会問題や、「東京大空襲」想起させた、東京の炎上シーンは終戦を生き延びた観客を恐怖させました。監督を務めた本多猪四郎は、後期の監督人生では黒澤明監督の『影武者』以降の監督部チーフとして活躍。ゴジラだけでなく、俳優陣も宝田明、志村喬、菅井きんの味のある演技に注目です。