『シン・ゴジラ』上映

スクリーン3

ゴジラVSシン・ゴジラ特集

『ゴジラ』 48日(土)〜21日(金)

『シン・ゴジラ』 48日(土)〜21日(金)

 

 新しい生活をスタートさせる節目の季節になりました。今回は『ゴジラ』の新作・旧作の2作品を紹介します。

 アメリカにあるハリウッドウォークには歴史的名優と並んで、日本が誇るスーパースター「ゴジラ」の名前が刻まれています。当劇場では世界一の怪獣映画の金字塔である1954年の初代『ゴジラ』と、2016年度日本アカデミー賞作品賞を受賞した『シン・ゴジラ』を合わせて上映します。

 旧作の初代ゴジラの物語は、太平洋沖で船舶が次々に沈没する怪事件が発生。事故の生存者が語る怪獣の目撃談を受け、古生物学者の山根博士、娘で助手の恵美子、恵美子の恋人で海難救助機関の所長尾形ら調査団が大戸島に派遣され、伝説の怪獣「呉爾羅(ゴジラ)」を目にする…。

 初代『ゴジラ』では、大怪獣ゴジラが東京に上陸し首都を破壊、火の海のする光景が見どころです。当時の時代背景も色濃く、ビキニ環礁での核実験と「第五福竜丸の被曝事件」という社会問題や、「東京大空襲」想起させた、東京の炎上シーンは終戦を生き延びた当時の観客を恐怖させました。監督を務めた本多猪四郎は、後期の監督人生では黒澤明監督の『影武者』以降の監督部チーフとして活躍。ゴジラだけでなく、俳優陣も宝田明、志村喬、菅井きんの味のある演技に注目です。

 新作『シン・ゴジラ』の物語は、東京湾アクアトンネルで崩落事故が発生。首相官邸の緊急会議では、地震や海底火山の噴火など、事故原因をめぐって議論が紛糾。しかし、内閣官房副長官の矢口蘭堂だけは、事故の原因は正体不明の巨大生物でないかと推測する…。

 矢口役の長谷川博己、内閣総理大臣補佐官の赤坂役の竹野内豊、米国大統領特使カヨコ・アン・パタースン役の石原さとみをメインに総勢328人の豪華なキャストが出演。狂言師の野村萬斎もゴジラのモーションキャプチャーアクターで参加したことでも話題を集めました。総監督・脚本は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』で名を馳せた庵野秀明が務め、日本アカデミー賞では作品賞、監督賞ほか7部門で最優秀賞を受賞。

 新旧の「ゴジラ」から戦後から今日までの日本社会の変転も垣間見ることができます。ぜひ、ご覧くださいませ。